忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。

<絶賛発売中>ハリウッドVFX業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!



 




nabejuntaroをフォローしましょう



●映画「アバター」第2、3作の制作体制構築へ

 ハリウッドの各メディアが報じたところによれば、ジェームズ・キャメロン監督が、映画「アバター」続編のVFXを制作する為の大規模なVFXスタジオを、ロサンゼルス国際空港より少し南に位置するマッハッタン・ビーチに設立す事を発表したという。

 「アバター」の2作目と3作目は、それぞれ2014年と2015年のクリスマスシーズンにリリースされる予定で、このVFXスタジオが本格始動すればロサンゼルスでは700人規模の新しい雇用が期待される。

●ロサンゼルスではデジタル・ドメイン以来の大型プロダクション設立

 ロサンゼルスではここ数年、映画プロジェクトの海外アウトソーシングによる煽りを受けて中堅スタジオの閉鎖が相次ぎ、仕事にあぶれた人材はカナダのバンクーバーや、ロンドンのVFXスタジオへやむを得ず"出稼ぎ"に行かなければならないような状況が続いていた。

 ちなみに、ロサンゼルスにおける大手VFXスタジオの設立は久方ぶりだ。1992年にソニー・イメージワークスが、そして1993年にデジタル・ドメインがオープンして以来の出来事だ。西海岸のVFX関係者にとっては、久しぶりに嬉しいニュースとなるだろう。

 そのデジタル・ドメインも、奇しくもキャメロン監督の手によって設立されたもので、キャメロン監督のVFX業界への影響力が伺える。

(ちなみにキャメロン監督は「タイタニック」終了後の98年に、デジタル・ドメインのオーナーを辞任し、同社から離れた経緯がある)

●環境良好な立地、人材獲得に「地の利」も

 今回、スタジオが設立されるマッハッタン・ビーチは、白人の富裕層が暮らす海岸沿いの街。これまでは映画産業とは無縁の土地であった。

 そういう場所柄、昨年5月にリズム&ヒューズが近隣のエルセグンドに自社ビルを購入して話題を呼んだ事を除けば、このエリアに映画関係のスタジオがオープンしたという話は、ほとんど耳にした事がない。

 しかし、ロサンゼルス国際空港のすぐ南側という便利な立地条件は、南カリフォルニアに住むVFX関係者にとって、405フリーウェイ(高速道路)を使えばさほど通勤にに不便さを感じさせないだろう。

 例えばデジタル・ドメインやソニー・イメージワークスに勤務しているフリーランサーが移籍しても、通勤時間にも大きな変化は無く、比較的通い易い場所である。

 特に日本人が多く住むトーランスや、ディズニーランドのあるオレンジ・カウンティ等の南側に住むVFX関係者にとっては、通勤時間が大きく短縮される事になり、喜ぶ人も少なくないだろう。


●アウトソーシング化が進むハリウッドに歯止めがかかるか

 ここ数年アウトソーシングの流れに乗り、ロサンゼルスの大手VFXスタジオによるバンクーバー、ロンドン、そしてインドへのスタジオ設立が破竹の勢いで進み、この動きには歯止めが掛かる気配は無なかった。

 VFX等のポスト・プロダクション・ビジネスに限らず、映画撮影クルーの間でも海外へのアウトソーシングは深刻な問題であり、在ロサンゼルスで映画産業に従事する人々は固唾を飲んで見守っているのが現状であった。

 そんな中、キャメロン監督によるマッハッタン・ビーチでのVFXスタジオ設立は、「プロジェクト流出」に歯止めを掛ける大きな一歩になるのではないだろうか。



著者注: 2011年当時の記事です。その後、特に動きが見られない事から鑑みると、この計画は残念ながら変更になったか、実現しなかった可能性が高いでしょう。2013年5月現在、「アバター」続編はニュージーランドのWETAにて制作が進められています。

関連記事: 2011年当時のFOXニュースの報道

 



~VFX業界の世界的動向がわかる強力なDVD!! 詳細は画像をクリック~

dvd2011.jpg


   過去記事はこちらからどうぞ 全目次




このサイトに含まれる記事は、鍋 潤太郎が日本のメディア向けに
随筆したものを再編し、ご紹介しています。


 

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。



転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ< よりご連絡下さいませ。


(C)1997-2011 All rights reserved  鍋 潤太郎




















































 
















 

PR
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


[電子書籍] 『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人- PDF版』
鍋 潤太郎著
CGワールド誌の人気連載が1冊に。全48人のインタビューがここに。1,260円
4862460712



[中古書籍]『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人』
鍋 潤太郎 平谷 早苗
4862460712



スター・ウォーズ:ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
ライダー・ウィンダム クリス・リーフ&クリス・トレヴァス
4796871241



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
書籍版 価格:¥5,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
Kindle版 価格:¥2,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



海外VFX業界動向BLUEBOOK キンドル書籍 1,250円
鍋 潤太郎&溝口 稔和 著
B00GZAD83K



Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト (I・O BOOKS)
平井 豊和著 2484円
4777519392



CGWORLD (シージーワールド) 2017年 07月号 vol.227 (特集:アイドルCGキャラクター研究、プログレッシブ・エンバイロンメント)
B071466CXS



Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)
北田 栄二 平谷 早苗
4862462634



Cinefex No.45 日本版 − ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー −
Jody Duncan OXYBOT
4862463088



田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック
田島光二
4768306977



3D世紀 -驚異! 立体映画の100年と映像新世紀-
大口 孝之 谷島 正之 灰原 光晴 古賀 太朗 ¥ 3,990
4862461506



『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』[書籍]
大口孝之著
CG業界の世界史。海外へ出る前に、この1冊。
4845909308



VESビジュアルエフェクトハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準-
Jeffrey A. Okun(ジェフリー・A・オークン) Susan Zwerman(スーザン・ズワーマン) 秋山 貴彦
4862461654



レンダリング中に楽しく育毛。君の髪にもプラグイン。サクセス薬用育毛トニック エクストラクール 無香料/180g 【HTRC2.1】
B005IESY8I



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 3D VISION
B007A9V91S



~カラーコレクションの極意がこの1冊に ~
『Color Correction Handbook: Professional Techniques for Video and Cinema』[書籍]
Alexis Van Hurkman
0321713117



Advanced RenderMan 日本語版― レンダーマンの基礎知識、シェーダー構築を勉強する為の必読書
Larry Gritz Anthony A.Apodaca
4939007340



ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか[書籍]
エド キャットマル(著), 小西 未来(翻訳)
4270005106



Matte Painting 2: Digital Artists Masterclass[書籍]
ILM上杉裕世氏など第1線アーティストの作品が満載。マットペインターを目指す人は必見!
1921002417



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]