忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!




 



来年のSIGGRAPH2008でチェアを勤めるジャクリーン・マトリーノ女史に、「来年から大きく変わる」と噂されるSIGGRAPHの今後について、その動向や方向性を語って頂いた。  

JacquelynMartino_Photo.JPG                 




1.来年開催されるSIGGRAPH2008では、プログラムが大きく変更になると言われているが、どのような点が変わるのか。また、変わるとしたら、その理由・ねらいは何か。

ご存知のように、教育を取り巻く環境は変化しつつあります。シーグラフの運営陣は、日進月歩で進化する研究開発の成果を、コンピュータグラフィックスのプロフェッショナルに如何に供給していくかを考えています。

テクノロジーの進化の中で、各分野の専門家が多忙なスケジュールの合間を縫って「年に1度だけ」コンベンションに参加する事が可能だとしたら、SIGGRAPHは「ワン・ストップ・イベント」としての存在に留まってしまう恐れがあります。

来年のSIGGRAPH2008からは、今後数年に渡る新たな計画と継続性、そしてより多種多用で柔軟性のあるアプローチを参加者に提供していく構えです。

コンファレンスのプログラムは、アート、エンターテインメント、業界内のコネクション、遭遇、インタラクティブ・テクノロジー、オペレーション、プロダクション、そしてコンピュータグラフィックスのプロフェッショナルと教育分野での技術研究開発などがその主軸となります。

PapaersやComputer Animation Festivalは基本的にこのままのスタイルを継続していく構えですが、それ以外のコンファレンス・プログラムについては、これまでの「古い」枠にとらわれず、よりフレキシブルに発展させていく事を検討しています。

実際、専門分野教育や業界での最新ニーズを鑑みると、それらは現状のシーグラフの「枠」を遥かに超える領域まで迫って来ていると、私達は考えています。

 
 2.イベントとして、また、団体として、SIGGRAPHは長期的に見てどのような方向を目指しているのか。


SIGGRAPHは、常に最新のコンピュータグラフィックスの研究成果を提供出来る場として努めてきました。

日進月歩で技術が変わり続けるこの分野では、この先の5~10年を予測する事がほとんど不可能に近いと言えるでしょう。

その中で、次なる2008年のシーグラフで出来る事は、まず未来の正しい方向性を見極めていく事だと思います。
 
また、実在するテクノロジーが、成長し続ける私達の興味や関心、考え方にどう影響していくのかが大切です。教育とは常に、如何に人材を育成していくかに焦点が置かれるべきなのです。

そこで、SIGGRAPHは、ワールドワイドで情報を広める新しい方向をめざしています。
 
その一環として、新しい「SIGGRAPHアジア」が2008年12月にシンガポールで初めて開催される予定です。これは、毎年継続していく構えで、その翌年の2009年には、日本の横浜で開催予定です。

SIGGRAPHは、この新しい試みを大変喜ばしい出来事と捉え、今後の成功に向けて全力で取り組んで行ける事を楽しみにしています。


 3.2008では、アジアでもSIGGRAPHアジアが開催になるが、この大会とはどのような関係になるのか。たとえば、アジアからの論文やコンピューターアニメーションフェスティバルへの応募は、ロサンゼルス大会では受け付けてくれないのか。連動したイベントのようなものはあるのか。

この2つのコンファレンスは、どちらも世界中からの応募が歓迎され、特に米国やヨーロッパ・アジア圏とを区分けするものではありません。

アジア圏からの論文やアニメーション作品の応募は、2008年のロサンゼルスにおいても、2009年のニューオリンズにおいてても、引き続き歓迎されます。

これは、逆の言い方をすれば、北米やヨーロッパ圏からSIGGRAPHアジアへの応募も同様に推奨される、という事になります。


このように、来年から変革が予定されているSIGGRAPHだが、2年ぶりにロサンゼルスでの開催が予定されているだけにその内容も注目されている。

2008年夏の開催が今から楽しみである。

 


 


このサイトに含まれる記事は、日本のメディア向けに
書かれたものを再編し、ご紹介しています。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1998-2009 All rights reserved  鍋 潤太郎

PR
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


[電子書籍] 『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人- PDF版』
鍋 潤太郎著
CGワールド誌の人気連載が1冊に。全48人のインタビューがここに。1,260円
4862460712



[中古書籍]『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人』
鍋 潤太郎 平谷 早苗
4862460712



スター・ウォーズ:ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
ライダー・ウィンダム クリス・リーフ&クリス・トレヴァス
4796871241



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
書籍版 価格:¥5,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
Kindle版 価格:¥2,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



海外VFX業界動向BLUEBOOK キンドル書籍 1,250円
鍋 潤太郎&溝口 稔和 著
B00GZAD83K



Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト (I・O BOOKS)
平井 豊和著 2484円
4777519392



CGWORLD (シージーワールド) 2017年 03月号 [雑誌]
CGWORLD編集部
B01MS93BGB



Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)
北田 栄二 平谷 早苗
4862462634



Cinefex No.43 日本版 − スーサイド・スクワッド −
Jody Duncan OXYBOT
4862463061



田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック
田島光二
4768306977



3D世紀 -驚異! 立体映画の100年と映像新世紀-
大口 孝之 谷島 正之 灰原 光晴 古賀 太朗 ¥ 3,990
4862461506



『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』[書籍]
大口孝之著
CG業界の世界史。海外へ出る前に、この1冊。
4845909308



VESビジュアルエフェクトハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準-
Jeffrey A. Okun(ジェフリー・A・オークン) Susan Zwerman(スーザン・ズワーマン) 秋山 貴彦
4862461654



レンダリング中に楽しく育毛。君の髪にもプラグイン。サクセス薬用育毛トニック エクストラクール 無香料/180g 【HTRC2.1】
B005IESY8I



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 3D VISION
B007A9V91S



~カラーコレクションの極意がこの1冊に ~
『Color Correction Handbook: Professional Techniques for Video and Cinema』[書籍]
Alexis Van Hurkman
0321713117



Advanced RenderMan 日本語版― レンダーマンの基礎知識、シェーダー構築を勉強する為の必読書
Larry Gritz Anthony A.Apodaca
4939007340



ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか[書籍]
エド キャットマル(著), 小西 未来(翻訳)
4270005106



Matte Painting 2: Digital Artists Masterclass[書籍]
ILM上杉裕世氏など第1線アーティストの作品が満載。マットペインターを目指す人は必見!
1921002417



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]