忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!


 



ハリウッドのVES(Visual Effects Society/全米視覚効果協会)は、毎年6月に
ビジュアル・エフェクツ・フェスティバルを開催している。

今年はビバリーヒルズにある全米脚本家協会の試写室、Writers Guild Theaterで、
6月8日(金)から10日(日)までの3日間、週末を利用して開催された。

このフェスティバルは、ハリウッドのVFX現場では「シーグラフよりも面白い」と
謳われる程で、メーキング講演などが目白押しの、非常に密度の濃いイベントである。

このレポートの第5弾を、先週に引き続きお届けしよう。


○第3日目 『The VES50』

 THE VES 50 - The most Influential Visual Effects Films of All Time
  Sunday June10th 2007 3:30PM-5:30PM

  John Dykstra
  Richard Edlund
  John Knoll
  Dennis Muren
  Ken Ralston
  Doug Trumbull

 
  VESはハリウッドを中心とする、世界中のVFXのプロで組織されているが、
 今回のこのフェスティバル開催にあたり、「最も影響を受けたVFX映画ベスト50」を
 会員投票によって募り、その結果をこの程発表した。
 
 「このベスト50を会員投票によって決定する試みは、大変スリリングなものでした」
 とVESのエグゼクティブ・ディレクターであるエリック・ロス氏は語っている。

 「これらの作品は、映画が持つ表現能力やストーリーテリングを、VFXによって
 数レベル上に押し上げただけでなく、われわれVFX界で働く者達に多大な影響を
 与えたのですから。

 このパネル・ディスカッションでは、リチャード・エドランド、デニス・ミューレン、
 ダグラス・トランブル、ジョン・ダイクストラらアカデミー賞受賞暦のあるVFX界の
 著名人をパネルに迎え、司会はILMのジョン・ノールというメガトン級豪華メンバーが
 勢ぞろいし、華々しく開催された。

 では、その模様を簡単にご紹介しよう。


 ジョン・ノール:
         私は1962年生まれです。これらの50本の映画を観て育ったような
         ものです。いつも「どうやって作ったんだろう?」と思って 
         いました。シネフェックスやスターログ等の雑誌は、もうそれこそ
         死ぬほど読みました。子供の頃、母に連れられてジョン・ダイクストラ
         のスタジオを訪問し、「これを仕事にしよう!」と思ったものです。

 ジョン・ダイクストラ:
         実は、私は今日「ビンテージもの」の雑誌を持って来ました。1978年の
         シネ・ファンタスティック誌です。これはスター・ウォーズ
         のメーキング特集号ですが、この号でインタビューされている
         面々が、今日はなんと全員集合している(笑)すごい事ですね。

 ジョン・ノール:
         今回、VESメンバーの投票で50本の作品が選定された訳ですが、
         パネラーの皆さんが個人的に影響を受けたと思う作品を、
         今回のリスト50に入っていない作品も含め、挙げてください。

 ダグラス・トランブル:
         私が影響を受けた作品ですか…ディズニーの「バンビ」(1942)かな(笑)
         最も観たのは4歳の時でしたが。「ピノキオ」(1940)で採用された
         マルチプレーンの撮影台による映像にも、後々すごく影響を受けました。
         あとは「宇宙戦争」(1953) なんかも捨てがたいですね。
 
 ケン・ラルストン:
         私は「シンドバット」(1958) ですね。あと昔のSFテレビ・シリーズ
         にも影響を受けました。そのせいで、今でも火星人が怖いです(場内爆笑)

 デニス・ミューレン:
         私も「シンドバット」(1958) ですね。この作品に出てくる、
         レイ・ハリーハウゼンによるガイコツとの戦いシーンの
         ストップ・モーションアニメから受けた衝撃は大きかった。
         「宇宙戦争」(1953) を初めて観た時は、怖くて隠れながら
         観た思い出があります。あと、私が日本の「ゴジラ」(1954)から
         受けた影響の大きさは計り知れないものがあります。「ゴジラ」
         は是非名前を挙げておきたいモンスター映画です。

 リチャード・エドランド:
         ヒッチコックの「鳥」(1963)等は印象深いです。また「十戒」(1956)
         での"紅海の水割り"は、今観ても「よく作ったな」と思いますね。
         
 ジョン・ダイクストラ:
         「2001年宇宙の旅」 (1968) を観た時、私は17歳でしたが、そのリアルな
         映像にビックリしました。あの仕事を見て、私は実写の仕事がしたいと
         考えるようになりました。

 ケン・ラルストン:
          観て育った中では、ワーナーの、一連のテレビアニメなんかは良い
          思い出ですよね。あと、「ピノキオ」(1940)「ファンアジア」(1940)
         「トリ・ストーリー」(1995)なども印象に残っています。

  デニス・ミューレン:
                   「透明人間」(1958)も良かった。また、飛行船の爆発事故に爆破説を
          絡めて描いた「ヒンデンブルグ」((1975)も忘れられませんね。
 
 ジョン・ダイクストラ:
                   「宇宙からの生命体 ブラッドラスト」(1958)なんかも、白黒ですが、
          味があって私の好きな作品の1つです。

 ジョン・ノール: 
         さて、では今日ここにおられるパネラーの皆さんが実際に携わられた
         「2001年宇宙の旅」 (1968)や「Star Wars」(1977)、「未知との遭遇」
         (1977)等について語って頂きましょう。

         トランブル氏、あなたは「2001年」で、"special photographic
                  effects supervisor"を担当されていますが。

 ダグラス・トランブル:
                 当時、私は23歳でした。「2001年」の製作経験は、私にとっては学校のような
         ものでした。ジョン・ウィットニーが使っていた手法を応用して
         撮影したショットもあります。

         当時はまだコンピューター制御がまだまだ普及していない時代でしたが。

 ジョン・ノール:
         その点、コンピューター制御のパイオニアという部分では、
         ダイクストラ氏ですね。

 ジョン・ダイクストラ:
         私はもともと、カリフォルニア州立大バークリー校で、コンピューター制御の
         カメラを使ってモーション・ブラーを表現する実験をしていたのです。
         
         その後、トランブル氏の紹介で「スター・ウォーズ」に参加する事に
         なりました。

         当時、特撮部分の撮影はロサンゼルスのVan Nuysで行われていました。
         バレー(ハリウッドの山の裏側のエリア)の夏は、昼間の灼熱地獄が
         ものすごく、撮影の時は死ぬかと思いました。交代制で24時間の連係で
         撮影が行われました。

         その点、デニス君は役得だったのです。

  デニス・ミューレン:
         そう、私のシフトは夜班でしたので、灼熱地獄を味あわずに済みました(笑)

         「帝国の逆襲」では、合成のマットラインを消すのに苦労しました。
         50万ドルもするオプチカル・プリンターで、マットラインを縮小させる
         方法を試行錯誤したものです。

         マットラインを目立たなくさせる為に、輪郭を強調した雌マスクを作って
         マットの上に合成して輪郭部分を縮小させてみたり。

         その意味では、「未知との遭遇」での作業は、オプチカル・プリンターでの
         多重合成が本当に大変でした。

         「未知~」で今でも自信を持って言える事は、「CGでは作れない映像
         が出来た」事です。

         最新のCGテクニックを駆使しても、このクオリティを凌駕する事は
         難しいのです。

         なぜならば、本物のミニチュア・モデル、本物のライト、フォグ、
         ライトのフレアなど、撮影セットで「物理的に起こっている」現象を、
         フィルムの特性を最大限に使って撮影したからです。

         これはデジタルの、リニアの特性を持つフレアとは見た目が全く異なり、
         実際のミニチュアが持つ奥行き感やディテールなど、これは実写で
         しか撮り得ない映像なのです。

 ダグラス・トランブル:
         確かにその通りだと思います。実際、その後の「ブレード・ランナー」は
         基本的に、カメラとレンズ、そしてテクニックは
         「未知との遭遇」と同じものを使って撮影しましたしね。

  デニス・ミューレン:
         「未知~」で、もう1つ、最新のCGでも出来ない映像としては、
         空に広がる雲のシーンがあります。

         雲のシーンは、水タンクに白ペンキを垂らし、それを72コマ・秒の
         ハイスピード・カメラで撮影しています。

         雲なので、単なる煙とは違い、下部分を平底にする必要がありました。
         その為に、次のような"技"を使いました。

         タンクに淡水と塩水を入れると、比重が重い塩水は下へ溜まり、
         淡水は軽いので上部へ重なります。両者が交じり合わない特性を利用
         して、淡水部分にペンキを拡散させているのです。

         また、雲の中央に穴があくシーンがありますね。

         これは、ある時にスタッフの1人が、タンクを蹴飛ばしたら振動で
         波紋が起こり、中央部分のペンキがなくなるという世紀の大発見を
         しました(場内爆笑)
 
         あれは、それを撮影したものなのです。

         
 このパネル・ディスカッションは、合間に映像の上映も含めて行われ、あっという間に
 終了時間となってしまい、惜しまれながら終了した。

 終演後も、パネラーと久しぶりの再会を喜び合う元同僚の参加者や、サインをもらう参加者、
 デニス・ミューレンと記念写真を撮る参加者など、かなりの盛り上がりを見せていた。
 
 


 


このサイトに含まれる記事は、日本のメディア向けに
書かれたものを再編し、ご紹介しています。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1998-2009 All rights reserved  鍋 潤太郎

PR
 

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!



 




86451887.JPG


 



















 
ハリウッドのVES(Visual Effects Society/全米視覚効果協会)は、毎年1回月にビジュアル・エフェクツ・フェスティバルを開催しているが、今年もそのシーズンが到来した。
 
今年は、ビバリーヒルズにある全米脚本家協会のWriters Guild Theaterにおいて、6月8日(金)から10日(日)までの3日間、週末を利用して開催された。
 
このフェスティバルは、ハリウッドのVFX現場では「シーグラフよりも面白い」と謳われる程で、メーキング講演などが目白押しの、非常に密度の濃いイベントである。
 
その意味では、フェスティバルというよりコンファレンスに近い内容なのだが、参加者規模が数百人程度と小さい為、小規模で開催されている。
 
今年は、『スパイダーマン3』『シュレック1~3』 『パイレーツ・オブ・カリビアン1~3』のVFXメーキング講演に加え、豪華ゲストを招いての『VFX界に最も影響を与えたVFX映画50本』というパネル・ディスカッションが行われる等、
盛り沢山の充実した内容となった。
 
その模様を数回に分けてお届けしよう。
 
 
○第1日目 『Surf's Up』試写会
 
フェスティバルのこけら落としは、この程全米公開の運びとなったSony Pictures Animationが贈るフルCG長編アニメーション映画の第2弾、『Surf's Up』の特別試写会、そして
製作スタッフによる質疑応答であった。
 
この作品は、ペンギンの世界における、南国のサーフィン選手権での舞台裏を描いた作品。
 
「なんだ。2本目のペンギン・アニメか」
 
筆者は、特に期待をするという訳でもなく、割とまっさらな気持ちで試写に望んだのだが、映画を観て、良い意味で裏切られたというか、驚かされた。
 
「おもしろい!!!」
 
登場する各キャラクターの個性が魅力的で、出てくるジョークもいちいち面白く、場内は爆笑の連続であった。
 
サーフィンのシーンの臨場感は想像以上のもので、ビーチや波の描写が非常にリアリティあふれる仕上がり。
 
また、ハンディハメラのようなテイストのカメラワークの、ドキュメンタリー・タッチに仕上げた演出が効果的で、最初の5分間ですぐさまストーリーに引き込まれた。
 
 
折りしも「Happy Feet」に続く2本目の"ペンギン・アニメ映画"になり、おそらくその好き嫌いには個人差が出ると思われるが、筆者は個人的にはこの「Surf's Up」に軍配を上げても良いと思った。
 
それ程、楽しめる1本であった。
 
さて、下記は試写の後に行われた、製作スタッフによる質疑応答をまとめたものである。
 
 
"Surf's Up"
A Special opening night screening and discussion of Sony Pictures Imageworks.
Friday, June 8th 2007 7:30PM-10:00PM
 
Lydia Bottegoni - Co-Producer
Rob Bredow      - Visual Effects Supervisor
James Williams - Layout Supervisor
 
 
Q:
手持ちカメラ風の動きは、どうやって表現したのか。
 
A:                                 
Ebayで100ドル位で安く買ったビデオカメラを、モーション
キャプチャーした。カメラ代はそのものは安かったが、モー
ション・キャプチャー出来る状態まで装備するのに4000ド
ル程掛かってしまった(笑)
 
それに重量もあったので、カメラマンは大変だったようだ。
  
この作品は、「インタラクティブなカメラ」を使って製作された
初めてのCG映画であり、そのキャプチャーも24frm/Sで
行われた。
 
 
Q:
古い、昔の映画風の画質が斬新だが、意識した点は?
 
A:
1920年代の映画を参考にして、わざとスクラッチやゴミを
沢山入れた。色調も、敢えて退色したような淡い色合いに
してある。
 
でもこれは、ブルーレイDVDのエンジニア連中には大不評
で、「我々はせっかく画質を良くする為に時間を掛けて開発
してきたのに、なんでこんな事するんだい?」とまで言われ
た(笑)
 
 
Q:
ライティングのテクニックについて
 
A:
レイトレーシング・ベースのレンダラーを開発し、ライト・ベイ
クを多用した。
 
  
CG映画だが、"Film Look"を狙いたかったので、フィルム
独特のオーバー・エクスポージャーやロー・エクスポージャ
ーを再現してみた。これは炎の見え方などで顕著だと思う。
  
それには、パラマウント映画の古いドキュメンタリー等
参考にした。
 
ライティングのアーティストは、一番多い時で60人いたと思
う。
 
 
Q:
複雑なジャングルのシーンが登場するが、モデリングはや
はりプロシージャル・ベースか?
 
A:
すべて、モデラー達による手作業のモデリングで、プロシー
ジャルな手法や、L-System等は使用していない。
  
これに、FXチームが風による揺らぎ等のアニメーションを
各ショット毎に施して仕上げた。
 
 
Q:
アニメーションが大変素晴らしいが、モーション・キャプチャ
ーの比率を。
 
A:
キャラクター・アニメーションは全部、手づけによるもの。モ
ーション・キャプチャーは前述のカメラだけで、キャラクター
には一切使用していない。
 
ダイアログは先に収録し、それに合わせて「演技」をつけて
いった。
  
サーフィンのシーンは、実写を撮影してリファレンスにして、
どういう風にアニメートするのが効果的なのか観察した。
 
そうして、ブロック・アニメーション(ラフな状態ではあるが
主要なポイントを押さえたアニメーション。これをベースにフ
ェイシャルや、セカンダリー・アニメーションを詰めていく)を
仕上げた。
 
 
Q:
最大のチャレンジだった事は?
 
A:
ドキュメンタリー風のフィーリングを常にキープしなくてはな
らなかった部分だろう。やりすぎず、自然に見せるのが難し
かった。
 


このサイトに含まれる記事は、日本のメディア向けに
書かれたものを再編し、ご紹介しています。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1998-2009 All rights reserved  鍋 潤太郎

HOMENext ≫
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


[電子書籍] 『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人- PDF版』
鍋 潤太郎著
CGワールド誌の人気連載が1冊に。全48人のインタビューがここに。1,260円
4862460712



[中古書籍]『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人』
鍋 潤太郎 平谷 早苗
4862460712



スター・ウォーズ:ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
ライダー・ウィンダム クリス・リーフ&クリス・トレヴァス
4796871241



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
書籍版 価格:¥5,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
Kindle版 価格:¥2,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



海外VFX業界動向BLUEBOOK キンドル書籍 1,250円
鍋 潤太郎&溝口 稔和 著
B00GZAD83K



Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト (I・O BOOKS)
平井 豊和著 2484円
4777519392



CGWORLD (シージーワールド) 2017年 07月号 vol.227 (特集:アイドルCGキャラクター研究、プログレッシブ・エンバイロンメント)
B071466CXS



Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)
北田 栄二 平谷 早苗
4862462634



Cinefex No.45 日本版 − ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー −
Jody Duncan OXYBOT
4862463088



田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック
田島光二
4768306977



3D世紀 -驚異! 立体映画の100年と映像新世紀-
大口 孝之 谷島 正之 灰原 光晴 古賀 太朗 ¥ 3,990
4862461506



『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』[書籍]
大口孝之著
CG業界の世界史。海外へ出る前に、この1冊。
4845909308



VESビジュアルエフェクトハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準-
Jeffrey A. Okun(ジェフリー・A・オークン) Susan Zwerman(スーザン・ズワーマン) 秋山 貴彦
4862461654



レンダリング中に楽しく育毛。君の髪にもプラグイン。サクセス薬用育毛トニック エクストラクール 無香料/180g 【HTRC2.1】
B005IESY8I



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 3D VISION
B007A9V91S



~カラーコレクションの極意がこの1冊に ~
『Color Correction Handbook: Professional Techniques for Video and Cinema』[書籍]
Alexis Van Hurkman
0321713117



Advanced RenderMan 日本語版― レンダーマンの基礎知識、シェーダー構築を勉強する為の必読書
Larry Gritz Anthony A.Apodaca
4939007340



ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか[書籍]
エド キャットマル(著), 小西 未来(翻訳)
4270005106



Matte Painting 2: Digital Artists Masterclass[書籍]
ILM上杉裕世氏など第1線アーティストの作品が満載。マットペインターを目指す人は必見!
1921002417



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]