忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!


 

 


「ザ・ディ・アフター・トゥモロー」「インディペンデンス・ディ」「Godzilla」等で知られるローランド・エメリッヒ監督の最新作で、ディザスター映画「2012」の全米公開が11月13日に迫っているが、ここロサンゼルス地方では街中の至る所に広告や看板が出現、そしてYouTubeには最新予告編がアップされる等、公開を前に、既に盛り上がりを見せている。


必見!  今現在、YouTubeで観れる最新予告編のリンクは、こちら:
http://www.youtube.com/watch?v=eZxBYItj2sM&feature=player_embedded

日本でも既に公開されている、日本語字幕入り予告編
http://www.youtube.com/watch?v=1mJSA4Z8BEk&feature=related

センチュリー・シティにある大きな看板:
b9f9e6e8.jpg

















2012_5.jpg

















LA市内の映画館で見られるパネル:
2012_1.jpg


















あまりにも荒唐無稽な光景に、人々は思わず見入っていた:
2012_2.jpg

















この作品、予告編を見る限りでは「アメリカ沈没」のようなディザスター映画だと推察できるが、注目はその尋常でなく、親のカタキの如く気合の入ったVFXだろう。

制作予算は推定で$260million(約231億円)とされており、うち相当額がVFXに投入されている事は安易に想像がつく。

しかも、この映画に参加しているエフェクト・ハウスの数も尋常ではない。

現在わかっているだけでも:

Crazy Horse Effects
Digital Domain
Double Negative
Evil Eye Pictures
Factory VFX
Final Light VFX 
Hydraulx
Image Engine
New Deal Studios, Inc.
Post Office Visual FX
Pixomondo
ScanlineVFX
SPI
Technicolor Beijing
Uncharted Territory

…などなどの15社が参加しているというから、驚きである。

LA、サンフランシスコ、ロンドン、カナダ、ドイツ、そして北京などに跨る巨大プロジェクトである。
 

中でも注目すべきは、末尾にリスティングされている 「Uncharted Territory」というエフェクト・ハウス。YouTubeの予告編では、前半のLA市街地が被災する場面や駐車場一体のVFXを手掛けているという。

同スタジオに勤務していた筆者の友人によると、このエフェクト・ハウスは自社スタジオを持たず、「出先に出向き仮スタジオを作り、仕上げて、カッコ良く去っていく」という、まるでカウボーイ映画のシェーンを彷彿させるスタイルを取っているとか(笑)

今回はSony Picturesの映画スタジオ施設に仮のVFX制作現場を作り、そこで作業を行っていたらしい。そして完成後は撤収したそうだ。

しかも、このUncharted Territoryは、3D Studio MaxをベースにVFX制作を行っており、しかもその完成度は大手VFXハウスを驚かせるようなハイクオリティをキープしている事でも知られる。

今後も要チェックのエフェクト・ハウスであろう。

さて、YouTubeの予告編にも既に登場している、サンタモニカ空港からダウンタウンLAの壊滅を手掛けたのはエフェクト全般に強いデジタル・ドメイン、ワシントンDC他の大波のシーンは流体シュミレーションに強く自社流体ツールでアカミー賞科学技術賞受賞歴もあるScanlineVFXが手掛けたそうで、それぞれのスタジオが得意分野を受け持っているのが興味深いところだ。

日本での公開は11月21日が予定されている。今年の年末の映画は、「コレで決まり」だろう。


   過去記事はこちらからどうぞ 全目次
 



この『映画「2012」公開迫る』は、当ブログ用に記述した非営利のオリジナル・コラムで、日本のメディアで発表したものありません。また、掲載されている画像の著作権は、各著作者に帰属します。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1997-2009 All rights reserved  鍋 潤太郎 


 

PR
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


[電子書籍] 『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人- PDF版』
鍋 潤太郎著
CGワールド誌の人気連載が1冊に。全48人のインタビューがここに。1,260円
4862460712



[中古書籍]『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人』
鍋 潤太郎 平谷 早苗
4862460712



スター・ウォーズ:ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
ライダー・ウィンダム クリス・リーフ&クリス・トレヴァス
4796871241



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
書籍版 価格:¥5,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
Kindle版 価格:¥2,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



海外VFX業界動向BLUEBOOK キンドル書籍 1,250円
鍋 潤太郎&溝口 稔和 著
B00GZAD83K



4862463592理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-
佐久間修一 堀越 祐樹
ボーンデジタル 2017-06-29

by G-Tools



CGWORLD (シージーワールド) 2017年 09月号 [雑誌]
CGWORLD編集部
B01MTAPNHV



Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)
北田 栄二 平谷 早苗
4862462634



Cinefex No.46 日本版 − エイリアン:コヴェナント −
Jody Duncan OXYBOT
4862463096



田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック
田島光二
4768306977



3D世紀 -驚異! 立体映画の100年と映像新世紀-
大口 孝之 谷島 正之 灰原 光晴 古賀 太朗 ¥ 3,990
4862461506



『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』[書籍]
大口孝之著
CG業界の世界史。海外へ出る前に、この1冊。
4845909308



VESビジュアルエフェクトハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準-
Jeffrey A. Okun(ジェフリー・A・オークン) Susan Zwerman(スーザン・ズワーマン) 秋山 貴彦
4862461654



レンダリング中に楽しく育毛。君の髪にもプラグイン。サクセス薬用育毛トニック エクストラクール 無香料/180g 【HTRC2.1】
B005IESY8I



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 3D VISION
B007A9V91S



~カラーコレクションの極意がこの1冊に ~
『Color Correction Handbook: Professional Techniques for Video and Cinema』[書籍]
Alexis Van Hurkman
0321713117



Advanced RenderMan 日本語版― レンダーマンの基礎知識、シェーダー構築を勉強する為の必読書
Larry Gritz Anthony A.Apodaca
4939007340



ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか[書籍]
エド キャットマル(著), 小西 未来(翻訳)
4270005106



Matte Painting 2: Digital Artists Masterclass[書籍]
ILM上杉裕世氏など第1線アーティストの作品が満載。マットペインターを目指す人は必見!
1921002417



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]