忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!



 
 


twitterlogo.gif

SPIとILMがシーンファイル共有フォーマット「Alembic」を共同開発

SIGGRAPH 2010会期中の7月27日。SPI(ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス)とILMがオープンソースによる新たなCGシーンのファイル共有フォーマット「Alembic」に関する共同発表を行なった。



異なるCGソフト間で作成したシーンファイルを完全互換

世界最大のコンピュータ・グラフィックスに関する学会かつ展示会であるSIGGRAPH 2010が、7月25日〜7月29日の全5日間にわたりロサンゼルス・コンベンション・ゼンターで開催された。そして開催中には、ソフトウェアベンダーや大手エフェクトハウスから様々な発表が行われるのが通例。今年話題を集めたのが、SPI(ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス)ILM(インダストリアル・ライト・アンド・マジック)が27日に行なった、シーンファイル共有フォーマット「Alembic」に関する共同記者発表であった。

ハリウッド大作におけるVFX制作では、1本の映画に多数のエフェクトハウスが参加することは日常茶飯事であり、その度に異なるソフトやパイプラインを使用しているスタジオ間でのファイルやアセットのやり取りが、技術的な課題として長年指摘されてきた。これらはVES(Visual Effects Society、全米視覚効果協会)主催のVFXセミナーやパネル・ディスカッション等でもしばしば話題に上り、VFXスーパーバイザーたちからは業界標準のファイルフォーマットを求める声が出ていた。

今回発表された「Alembic(アレンビック、蒸留器という意味)」は、こうしたニーズに応える形で、 SPIとILMが共同開発したシーンファイル共有フォーマットである。簡単に説明すると、異なる3Dアプリケーション間でシーンファイルをやり取りするた めの、互換性のある新しいファイルの規格ということになるだろう。そんなAlembicの最大の特徴はオープンソースであること。ソースコードを公開して いるため、市販のパッケージソフトのみならず、自社開発ソフトをメイン・ツールとして採用しているスタジオでも、容易に既存のパイプラインに Alembicを組み込むことができるのだ。

これまで、外部とのファイルのやり取りに関して同じ悩みを抱えていた両社(しかも世界をリードするVFX スタジオ同士だ)が手を組んだことによって、複雑で膨大なデータを扱う大手スタジオならではの打開策が実を結んだ形となる。特筆すべきは、この Alembicを使えばシーンファイルに含まれるアニメーション情報を外部ファイルとして出力することができ、これらの外部ファイルは他のアプリケーショ ンと共有することも可能なことだ。Alembicのコードは、米Google Codeのサイトからダウンロードできる。(詳細はhttp://www.alembic.ioを参照)。

今回の共同発表の席において、ルーカス・フィルムの CTO(最高技術責任者)リチャード・ケリス/Richard Kerris氏は「ハイエンド・プロダクションでの技術的な問題点を熟知しているSPIのチームと共同開発を進めることができたことによって、業界全体の ワークフローにインパクトを与えるファイルフォーマットを誕生させることがきでた」と自信をみせた。その他、同日夜に開催されたSide Effects Softwareが開催したHoudini 11リリース記念イベントでも、このAlembicを紹介。この中でサイド・エフェクツのCEOキム・ダビッドソン/Kim Davidson氏は、Alembicを積極的にサポートしていく考えを示していた。

近年、オープンソースによる技術開発が大きなトレンドになっているが、これまでにVFX業界標準フォーマットを前提に公開されたオープン・ソースのフォーマットには、ILMが開発しハリウッドで定着した画像フォーマットOpenEXRや、SPIが開発したOpen Shading Language(OSL)が有名だ。特にSPIはオープンソースによる開発に熱心で、その他にもMaya ReticleField3DOpenColorIO、そしてScala Migrationsを開発しており、今回発表されたAlembicにも大いに期待したいところだ。



 

   過去記事はこちらからどうぞ 全目次
 



このサイトに含まれる記事は、日本のメディア向けに
書かれたものを再編し、ご紹介しています。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1997-2010 All rights reserved  鍋 潤太郎 


 


PR
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


「海外で働く映像クリエイター」キンドル版が発売になりました! 1,320円


スター・ウォーズ 制作現場日誌 ーエピソード1~6 4,070円


メッチャ可愛い「R2D2とボーグ」の精巧なオーナメント / 高さ10センチ ¥11,597


[電子書籍]ハリウッドVFX業界就職の手引き2020年度版 2,980円


[書籍] 理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編- 佐久間修一 堀越 祐樹 7,150円



[雑誌] 月刊CGWORLD 2019年11月号


スター・ウォーズ:ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル 3,332円


[書籍] 田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック






[書籍] VES ビジュアルエフェクト ハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準- ボーンデジタル



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 



VFX業界に入るなら、まずは形から カチンコ型時計 



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]