忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!



 
 


twitterlogo.gif

Houdini 11 リリース記念イベントが開催


7月27日、SIGGRAPH会場からほど近いダウンタウン・ロサンゼルスにあるクーパー・デザイン・スペースにて、Houdini 11リリース記念イベントが開催された。言うまでもなく、Houdiniは、ハリウッドのエフェクト制作における必須ツールである。それを裏付けるかのよ うに、本イベントにも参加希望が殺到、オンライン事前受付はあっという締め切られるという、さすがの盛況ぶりだった。

SIGGRAPH恒例のHoudiniイベントはさしずめ同窓会

クーパー・デザイン・スペースは、シーグラフ会場のダウンタウン・コンベンション・センターから車で10分以内の場所にあるイベント・スペースである。この場所で、当日朝にリリースされたばかりのHoudini 11リリース記念イベントが開催された。主催は、開発元のサイド・エフェクツ・ソフトウェア/Side Effects Software。 イベントではHoudini 11新機能の紹介に加え、ユーザーの制作事例のプレゼンテーション、最後に懇親パーティが行われた。 なお、場内でアルコールが供されるため、アメリカ合衆国青少年育成条例に則り「21歳未満は入場禁止」(アメリカの法律では、飲酒は21歳から)という大 人向けのユーザーイベントとなった。Houdini業界は広いようで狭い。場内に入るとあちこちに知った顔が見える。フロアはまるで同窓会のような雰囲気 で、あちこちでハグして肩を叩き合ったり、久しぶりの再会に会話を弾ませる光景が見られた。

毎年、シーグラフの際に配布されるHoudini公式Tシャツは、我々ハリウッドのHoudiniアーティストには生活必需品である。新しいデザイ ンのTシャツを着てスタジオへ出勤し、お互いに見せびらかしては自慢し合う行為は夏の風物詩として定着している(冗談のように聞こえるかも知れないが、事 実だ)。今年は、Houdini 11のロゴがバックに入り、フロントは異なった数種類のデザインから、自分が好きなものを選ぶことができた。このTシャツは、毎年SIGGRAPH会期中 に行われるのユーザーイベントに参加しないと手に入らない、貴重なもの。その他にも、本イベントのオフィシャル・スポンサーはATI(AMD)が務めてお り、参加者の中から抽選でATIのFireProシリーズが当たるという、豪華なプレゼントも実施された。

レンダリングの高速化とリアルタイムプレビューへの対応

開場からほどなくプレゼンテーションがスタート。駆け足だが、Houdini 11の新機能・強化機能の中でも特に目を引いたものを紹介したい。
ま ずは、「FLIPソルバー」だ。FLIP/Fluid Implict Particleソルバーは、従来のSPH/Smoothed Particle Hydrodynamicsソルバーのなんと約70倍もの高速化を実現したという。ちなみに、SPHソルバー自体も約2倍、高速化されたそうだ。次に、 「ダイナミック・フラクチャリング・ツール」。これは、ダイナミクス・シュミレーション時に、破片が自動的に生成されるツールであり、映画『2012』で も使用されたボロノイ・ベースのアルゴリズムによって、破片を自動生成するものとのこと。そして、Mantraレンダリング・ワークフローの強化。最新版 では、ビューポートからライティングをリアルタイムに調整できるようになった。Mantraによるライティングは、意外にもハリウッド映画の中ではよく使 用されている。特にRenderManの使用経験を持つテクニカル・ディレクターやライティング・アーティストには、親しみやすいシェーダ・ストラク チャーになっている。

その他にも、PBR/Physicall Based Renderingやサブサーフェス・スキャタリング、ライト毎のパス出力を実現、シェーダ構築環境の改善やユーザーインターフェイスの改良、GPUサ ポートのハードウェアレンダリングの強化などが含まれており、現場ニーズに応えた改良となっているのが嬉しい。また、上述のMantraのレンダリングの 高速化に加え、ダイナミクス計算の高速化など、アルゴリズム全般の改善により、総合的なパフォーマンスが改善されているようだ。詳細についてはSide Effects公式サイトを参照のこと。近日中には、インディー・ゾーンが運営する日本語サイトでも詳細が公開されるはずだ。



 

   過去記事はこちらからどうぞ 全目次
 



このサイトに含まれる記事は、日本のメディア向けに
書かれたものを再編し、ご紹介しています。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1997-2010 All rights reserved  鍋 潤太郎 


 




















PR
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


[電子書籍] 『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人- PDF版』
鍋 潤太郎著
CGワールド誌の人気連載が1冊に。全48人のインタビューがここに。1,260円
4862460712



[中古書籍]『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人』
鍋 潤太郎 平谷 早苗
4862460712



スター・ウォーズ:ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
ライダー・ウィンダム クリス・リーフ&クリス・トレヴァス
4796871241



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
書籍版 価格:¥5,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
Kindle版 価格:¥2,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



海外VFX業界動向BLUEBOOK キンドル書籍 1,250円
鍋 潤太郎&溝口 稔和 著
B00GZAD83K



Houdiniではじめる3Dビジュアルエフェクト (I・O BOOKS)
平井 豊和著 2484円
4777519392



CGWORLD (シージーワールド) 2017年 03月号 [雑誌]
CGWORLD編集部
B01MS93BGB



Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)
北田 栄二 平谷 早苗
4862462634



Cinefex No.43 日本版 − スーサイド・スクワッド −
Jody Duncan OXYBOT
4862463061



田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック
田島光二
4768306977



3D世紀 -驚異! 立体映画の100年と映像新世紀-
大口 孝之 谷島 正之 灰原 光晴 古賀 太朗 ¥ 3,990
4862461506



『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』[書籍]
大口孝之著
CG業界の世界史。海外へ出る前に、この1冊。
4845909308



VESビジュアルエフェクトハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準-
Jeffrey A. Okun(ジェフリー・A・オークン) Susan Zwerman(スーザン・ズワーマン) 秋山 貴彦
4862461654



レンダリング中に楽しく育毛。君の髪にもプラグイン。サクセス薬用育毛トニック エクストラクール 無香料/180g 【HTRC2.1】
B005IESY8I



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 3D VISION
B007A9V91S



~カラーコレクションの極意がこの1冊に ~
『Color Correction Handbook: Professional Techniques for Video and Cinema』[書籍]
Alexis Van Hurkman
0321713117



Advanced RenderMan 日本語版― レンダーマンの基礎知識、シェーダー構築を勉強する為の必読書
Larry Gritz Anthony A.Apodaca
4939007340



ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか[書籍]
エド キャットマル(著), 小西 未来(翻訳)
4270005106



Matte Painting 2: Digital Artists Masterclass[書籍]
ILM上杉裕世氏など第1線アーティストの作品が満載。マットペインターを目指す人は必見!
1921002417



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]