忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。
 

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!



 




86451887.JPG


 



















 
ハリウッドのVES(Visual Effects Society/全米視覚効果協会)は、毎年1回月にビジュアル・エフェクツ・フェスティバルを開催しているが、今年もそのシーズンが到来した。
 
今年は、ビバリーヒルズにある全米脚本家協会のWriters Guild Theaterにおいて、6月8日(金)から10日(日)までの3日間、週末を利用して開催された。
 
このフェスティバルは、ハリウッドのVFX現場では「シーグラフよりも面白い」と謳われる程で、メーキング講演などが目白押しの、非常に密度の濃いイベントである。
 
その意味では、フェスティバルというよりコンファレンスに近い内容なのだが、参加者規模が数百人程度と小さい為、小規模で開催されている。
 
今年は、『スパイダーマン3』『シュレック1~3』 『パイレーツ・オブ・カリビアン1~3』のVFXメーキング講演に加え、豪華ゲストを招いての『VFX界に最も影響を与えたVFX映画50本』というパネル・ディスカッションが行われる等、
盛り沢山の充実した内容となった。
 
その模様を数回に分けてお届けしよう。
 
 
○第1日目 『Surf's Up』試写会
 
フェスティバルのこけら落としは、この程全米公開の運びとなったSony Pictures Animationが贈るフルCG長編アニメーション映画の第2弾、『Surf's Up』の特別試写会、そして
製作スタッフによる質疑応答であった。
 
この作品は、ペンギンの世界における、南国のサーフィン選手権での舞台裏を描いた作品。
 
「なんだ。2本目のペンギン・アニメか」
 
筆者は、特に期待をするという訳でもなく、割とまっさらな気持ちで試写に望んだのだが、映画を観て、良い意味で裏切られたというか、驚かされた。
 
「おもしろい!!!」
 
登場する各キャラクターの個性が魅力的で、出てくるジョークもいちいち面白く、場内は爆笑の連続であった。
 
サーフィンのシーンの臨場感は想像以上のもので、ビーチや波の描写が非常にリアリティあふれる仕上がり。
 
また、ハンディハメラのようなテイストのカメラワークの、ドキュメンタリー・タッチに仕上げた演出が効果的で、最初の5分間ですぐさまストーリーに引き込まれた。
 
 
折りしも「Happy Feet」に続く2本目の"ペンギン・アニメ映画"になり、おそらくその好き嫌いには個人差が出ると思われるが、筆者は個人的にはこの「Surf's Up」に軍配を上げても良いと思った。
 
それ程、楽しめる1本であった。
 
さて、下記は試写の後に行われた、製作スタッフによる質疑応答をまとめたものである。
 
 
"Surf's Up"
A Special opening night screening and discussion of Sony Pictures Imageworks.
Friday, June 8th 2007 7:30PM-10:00PM
 
Lydia Bottegoni - Co-Producer
Rob Bredow      - Visual Effects Supervisor
James Williams - Layout Supervisor
 
 
Q:
手持ちカメラ風の動きは、どうやって表現したのか。
 
A:                                 
Ebayで100ドル位で安く買ったビデオカメラを、モーション
キャプチャーした。カメラ代はそのものは安かったが、モー
ション・キャプチャー出来る状態まで装備するのに4000ド
ル程掛かってしまった(笑)
 
それに重量もあったので、カメラマンは大変だったようだ。
  
この作品は、「インタラクティブなカメラ」を使って製作された
初めてのCG映画であり、そのキャプチャーも24frm/Sで
行われた。
 
 
Q:
古い、昔の映画風の画質が斬新だが、意識した点は?
 
A:
1920年代の映画を参考にして、わざとスクラッチやゴミを
沢山入れた。色調も、敢えて退色したような淡い色合いに
してある。
 
でもこれは、ブルーレイDVDのエンジニア連中には大不評
で、「我々はせっかく画質を良くする為に時間を掛けて開発
してきたのに、なんでこんな事するんだい?」とまで言われ
た(笑)
 
 
Q:
ライティングのテクニックについて
 
A:
レイトレーシング・ベースのレンダラーを開発し、ライト・ベイ
クを多用した。
 
  
CG映画だが、"Film Look"を狙いたかったので、フィルム
独特のオーバー・エクスポージャーやロー・エクスポージャ
ーを再現してみた。これは炎の見え方などで顕著だと思う。
  
それには、パラマウント映画の古いドキュメンタリー等
参考にした。
 
ライティングのアーティストは、一番多い時で60人いたと思
う。
 
 
Q:
複雑なジャングルのシーンが登場するが、モデリングはや
はりプロシージャル・ベースか?
 
A:
すべて、モデラー達による手作業のモデリングで、プロシー
ジャルな手法や、L-System等は使用していない。
  
これに、FXチームが風による揺らぎ等のアニメーションを
各ショット毎に施して仕上げた。
 
 
Q:
アニメーションが大変素晴らしいが、モーション・キャプチャ
ーの比率を。
 
A:
キャラクター・アニメーションは全部、手づけによるもの。モ
ーション・キャプチャーは前述のカメラだけで、キャラクター
には一切使用していない。
 
ダイアログは先に収録し、それに合わせて「演技」をつけて
いった。
  
サーフィンのシーンは、実写を撮影してリファレンスにして、
どういう風にアニメートするのが効果的なのか観察した。
 
そうして、ブロック・アニメーション(ラフな状態ではあるが
主要なポイントを押さえたアニメーション。これをベースにフ
ェイシャルや、セカンダリー・アニメーションを詰めていく)を
仕上げた。
 
 
Q:
最大のチャレンジだった事は?
 
A:
ドキュメンタリー風のフィーリングを常にキープしなくてはな
らなかった部分だろう。やりすぎず、自然に見せるのが難し
かった。
 


このサイトに含まれる記事は、日本のメディア向けに
書かれたものを再編し、ご紹介しています。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1998-2009 All rights reserved  鍋 潤太郎

PR
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


「海外で働く映像クリエイター」キンドル版が発売になりました!


[書籍] ILMが贈る:メイキング・オブ ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー (Making Solo: A Star Wars Story) 洋書:4,745円



[キンドル書籍] ハリウッドVFX業界就職の手引き 2019年度版



[キンドル書籍] 海外VFX業界動向BLUEBOOK



[書籍] 理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-
佐久間修一 堀越 祐樹




[雑誌] 月刊CGWORLD 2019年7月号



[書籍] Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)



[書籍] 田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック



[書籍] 3D世紀 -驚異! 立体映画の100年と映像新世紀-
大口 孝之 谷島 正之 灰原 光晴 古賀 太朗 ¥ 3,990



[書籍]『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』[書籍]
大口孝之著



[書籍] VES ビジュアルエフェクト ハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準- ボーンデジタル



レンダリング中に楽しく育毛。君の髪にもプラグイン。サクセス薬用育毛トニック エクストラクール 無香料 



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 



VFX業界に入るなら、まずは形から カチンコ型時計 



[書籍] カラーコレクションハンドブック第2版 -映像の魅力を100%引き出すテクニック- ボーンデジタル



[書籍] Advanced RenderMan―映画とアニメーションのための実践テクニック ボーンデジタル



[書籍] ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか



[書籍] マットペインティング ハンドブック - The Digital Matte Painting Handbook 日本語版 - ボーンデジタル



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]