忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!



 



  世界で初めてのデジタル上映で配布されたプログラム
1st_DLP.jpg
"StarWars Episode I"の全米公開から1ケ月が経過しましたが、6/18日から、全米の4ケ所(NY*2,LA*2)の劇場で、画期的な試みがなされています。
 
 これは、映写機とフィルムを使わず、デジタル信号をハードディスクから読み取り、 それをデジタル・プロジェクタでスクリーンに映写するというシステムによる、全く新しい映写方式による上映。4週間だけの、限定上映です。
 
CineComm Digital Cinema社 と、Texas Instrumentsが開発した2種類のシステムがあります。
 
筆者はBurbankのAMC14で観たのですが、ここはTexas Instruments社の開発したDLP(Digital Light Processing)による上映でした。
 
LAでは、たった2個所(このAMCと、Pacific系列の Winnetka Theater)の上映なので、ものすごい人でした。チケットは軒並みSOLD OUTで、映画館の前は長蛇の列。やっとの事で、土曜の夜10:30の回のチケットを買いました。
 
中に入ると、「“未来の劇場”へようこそ」という看板や垂れ幕が下がり、雰囲気を盛り上げています。
 
シアターの中は、コアなファンや、映像関係者(Tシャツでわかる)でごった返し、奇声や悲鳴を上げるアホが沢山いて、ものすごく盛り上がっていました。
 
さて、DLPですが、
 
 
○ 画面が明るい。
○ 発色が非常に良い。
○ 暗部の表現が優れている。
○ 解像度も、充分。
 
という事で、想像以上のクオリティで、はっきり言って驚きました。
 
また、なんと予告編や、「AMCのオープニング」アニメーションもすべてDLPでデジタル上映されました。
 
「AMCのオープニング」は、これ迄に死ぬ程何度も観ているので、DLPで観たクオリティの違いは一目瞭然でした。
 
THXのタイトルは、専用のバーションが使われていました。
 
このAMC14では、45.5フィートx18フィート(横13.86m x 縦5.48)の大きなスクリーンで、SXGA(1280x1024)の解像度で上映されていましが、解像度的には充分だと思いました。髪の毛1本1本まで、鮮明に見えましたし。
 
(劇場で観たときは、もっと高い解像度なのかと思っていたのですが、横1280だったのですね)
 
同じ劇場で、DLPとフィルム上映と比較した事がないので、正確な画質比較は出来ませんが、見た目では、ほとんど問題ありませんでした。
 
実は筆者はこの映画館で、最初、間違えてフィルム上映の普通の小さいシアターに入ってしまい(大馬鹿)、その後改めてこのDLPを観たので、その意味では、見た目の印象の比較は出来ました。怪我の功名ですね。
 
料金は2回分取られましたけど……時間も2回分かかりましたけど……まいったまいった。どうして、こ~ドジなんだろ。
 
思った事は、グラデーションのボケ足がフィルムよりも減衰度が低く、ボケ幅が大きく見えました。(ルーカルフィルムのロゴのフレアや、ライトセーバー、宇宙船のハイライトのフレアなど)
 
これは、ガンマの特性が、フィルムとは違う為でしょう。
 
影の部分や、暗い部分も、フィルム上映よりは細かいディテールが良く認識出来ました。
 
また、この方式は、フィルムではないので、スクラッチ、ゴミ、画面の揺らぎ等がありません。
 
スクラッチやゴミや揺らぎがないという事が、これ程見た目に心地よいとは思いませんでした。非常に新鮮な印象を受けました。
 
その意味では、「大画面でDVDやHDの画像を見たような感覚」に限りなく近いと思いました。
 
巷では「トーキー映画以来の快挙だ」等と書かれているようです。
 
 このシステムの登場は、フィルムの現像に従事するラボ業界や フィルムメーカーにとっては、少なからずショックな出来事になるかもしれませんね。
 
   P.S. 映写窓の下から覗いてみましたが、35MM映写機の横に設置されたDLPのプロジェクタは、35MM映写機よりも映写レンズが非常に大きかったのが印象的でした。
 
映写窓を見上げていると、同じように上を見上げている人がチラホラ。筆者の傍らには、Dream WorksのTシャツを着た人が。結局、同類の行動パターンは同じなのですね。
 

 
このサイトに含まれる記事は、日本のメディア向けに
書かれたものを再編し、ご紹介しています。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1998-2009 All rights reserved  鍋 潤太郎

PR
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


[電子書籍] 『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人- PDF版』
鍋 潤太郎著
CGワールド誌の人気連載が1冊に。全48人のインタビューがここに。1,260円
4862460712



[中古書籍]『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人』
鍋 潤太郎 平谷 早苗
4862460712



スター・ウォーズ:ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
ライダー・ウィンダム クリス・リーフ&クリス・トレヴァス
4796871241



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
書籍版 価格:¥5,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
Kindle版 価格:¥2,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



海外VFX業界動向BLUEBOOK キンドル書籍 1,250円
鍋 潤太郎&溝口 稔和 著
B00GZAD83K



4862463592理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-
佐久間修一 堀越 祐樹
ボーンデジタル 2017-06-29

by G-Tools



CGWORLD (シージーワールド) 2017年 09月号 [雑誌]
CGWORLD編集部
B01MTAPNHV



Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)
北田 栄二 平谷 早苗
4862462634



Cinefex No.46 日本版 − エイリアン:コヴェナント −
Jody Duncan OXYBOT
4862463096



田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック
田島光二
4768306977



3D世紀 -驚異! 立体映画の100年と映像新世紀-
大口 孝之 谷島 正之 灰原 光晴 古賀 太朗 ¥ 3,990
4862461506



『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』[書籍]
大口孝之著
CG業界の世界史。海外へ出る前に、この1冊。
4845909308



VESビジュアルエフェクトハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準-
Jeffrey A. Okun(ジェフリー・A・オークン) Susan Zwerman(スーザン・ズワーマン) 秋山 貴彦
4862461654



レンダリング中に楽しく育毛。君の髪にもプラグイン。サクセス薬用育毛トニック エクストラクール 無香料/180g 【HTRC2.1】
B005IESY8I



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 3D VISION
B007A9V91S



~カラーコレクションの極意がこの1冊に ~
『Color Correction Handbook: Professional Techniques for Video and Cinema』[書籍]
Alexis Van Hurkman
0321713117



Advanced RenderMan 日本語版― レンダーマンの基礎知識、シェーダー構築を勉強する為の必読書
Larry Gritz Anthony A.Apodaca
4939007340



ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか[書籍]
エド キャットマル(著), 小西 未来(翻訳)
4270005106



Matte Painting 2: Digital Artists Masterclass[書籍]
ILM上杉裕世氏など第1線アーティストの作品が満載。マットペインターを目指す人は必見!
1921002417



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]