忍者ブログ
映像ジャーナリスト 鍋 潤太郎の随筆による、ハリウッドVFX情報をいち早くお届けします。

<絶賛発売中>ハリウッドCG業界就職の手引きcghollywood.jpg   海外をめざす方の必読本!



 



b9ef2be4.jpgハリウッドの各メディアが2月9日付で報じたところによれば、昨年全世界で公開された"香港版"フルCG映画「アストロボーイ(Astro Boy)」を制作したImagi Animation(香港)が、この程正式に閉鎖された事がわかった。

Imagi Animationは2000年に設立された香港を本拠地とするアニメーション・スタジオで、アメリカで大人気を誇る「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」(2007)のフルCG映画を制作、ワーナーの配給によって全米公開し、興行的に成功した事で知られる。

その後も「スーパーヒーローもの」路線を採り、最近ではLAにも制作拠点「Creative Studio」を構え「アストロボーイ」の一部がここでも制作され、昨年10月23日(金)に最新作「アストロボーイ」が全米公開された。

しかし、本欄でもレポートしたように、「アストロボーイ」の米ボックス・オフィスの数字はかなり厳しい結果に終わった。

米報道によれば、「アストロボーイ」全米公開直前である昨年9月末の段階で、Imagi Animationは米ドルで$93.4million(日本円にしておよそ84億円)の損失を計上していた。

また「アストロボーイ」のプロダクションが進行中だった昨年1月~2月には、資金難によってCreative Studioでの制作が3週間に渡って中断するという事態も起こっていた。

映画「アストロボーイ」の制作予算は$65million(約58億円)だったが、全米公開の売り上げは$19.5million(約17億円)にしか到達しなかった。

これらのビジネス的な失敗の影響を受け、香港の本社、そしてLAのCreative Studio(従業員数約30人)も、残念ながら完全に閉鎖されるに至った。

同スタジオでは、日本の作品「ガッチャマン」「鉄人28号」のフルCG映画のプリプロ&デベロップも進められていたが、こちらは現時点では制作が白紙or継続される等の詳細は不明だという。

ただ、一部報道によると「同社の本拠地があった中国、及び制作コストが低い近隣諸国にアウトソーシングする形で、開発と制作は継続される可能性がある」という情報も流れている。

昨年12月の段階では『「ガッチャマン」はフルCG立体映画として公開する』というプランが同社から打ち出されていただけに、今後の動向が注目されるところだ。

フルCG映画の成功には、

 ・長い歳月に及ぶプロダクションの制作資金の確保
 ・優れたアーティスト&エンジニアの雇用
 ・大規模ディストリビューション(配給)を実現出来る映画会社との提携
 ・優れた脚本とストーリーをデベロップ&実現出来る監督の手腕

このどれが欠けても、ビジネス的な成功はなかなか難しい。

その意味では、これまでのハリウッドにおけるフルCG映画の成功事例は、その殆どが巨大資本力を持つ米メジャー・スタジオ系列のスタジオだ。

しかし、このImagi Animationが行った『香港主導で、世界配給を前提とし、アメリカでの人気度が高い「日本の作品」をモチーフにフルCG映画を制作する』という他に例を見ない革新的なビジネス・スタイルは、実際のところハリウッドでも注目されていた。また、米アニメーション業界では"業界の発展"という視点から、彼らを支持する声も出ていた。

「アストロボーイ」の場合、インターネットにおけるアメリカ人観客の書き込みを読むと、

 「予想外に良かった」
 「期待しないで観たが、良い意味で裏切られた」
 「自分の子供達も喜んでいた」
 「素晴らしいファミリー映画だ」

というポジティブな感想も見られたものの、

 「古くからのTezukaファンとしては、落胆した」
 「"本物"のアトムを全く知らない人であれば、楽しめるだろうが」

と言った辛口の意見も多く、それがマイナス要因に繋がった可能性は否定出来ない。

ただ、香港のスタジオがビジネス面でハリウッドに切り込み、実際に大規模配給まで漕ぎ付けたという実績と、その結果の興行的な失敗は、今後のハリウッド・ビジネスの中では評価と教訓として生かされていく事だろう。

ちなみに、米映画史上では、フルCG映画のビジネス的な失敗により制作スタジオが完全閉鎖に追い込まれた事例には、スクウェアUSA・ホノルル・スタジオ(ハワイ州)、Fox Animation Studios(アリゾナ州)等がある。

関連記事:

 「アストロボーイ」全米公開 米ボックス・オフィスは厳しい数字 (10/27/2009)

  VFXスタジオ 閉鎖関連記事 一覧 目次


   過去記事はこちらからどうぞ 全目次
 



このサイトに含まれる記事は、日本のメディア向けに
書かれたものを再編し、ご紹介しています。

著者に無断での転載、引用は固くご遠慮下さいますよう、
お願い申し上げます。

転載や引用をご希望の方は、お問い合わせページ
よりご連絡下さいませ。

(C)1997-2010 All rights reserved  鍋 潤太郎 

PR
サイト内検索
カテゴリー
おすすめ


[電子書籍] 『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人- PDF版』
鍋 潤太郎著
CGワールド誌の人気連載が1冊に。全48人のインタビューがここに。1,260円
4862460712



[中古書籍]『海外で働く映像クリエーター -ハリウッドを支える日本人』
鍋 潤太郎 平谷 早苗
4862460712



スター・ウォーズ:ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル (ShoPro Books LUCAS BOOKS)
ライダー・ウィンダム クリス・リーフ&クリス・トレヴァス
4796871241



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
書籍版 価格:¥5,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



ハリウッドVFX業界就職の手引き 2017年度版
Kindle版 価格:¥2,980
鍋潤太郎&溝口稔和
B01MSTMUOO



海外VFX業界動向BLUEBOOK キンドル書籍 1,250円
鍋 潤太郎&溝口 稔和 著
B00GZAD83K



4862463592理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-
佐久間修一 堀越 祐樹
ボーンデジタル 2017-06-29

by G-Tools



CGWORLD (シージーワールド) 2017年 09月号 [雑誌]
CGWORLD編集部
B01MTAPNHV



Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)
北田 栄二 平谷 早苗
4862462634



Cinefex No.46 日本版 − エイリアン:コヴェナント −
Jody Duncan OXYBOT
4862463096



田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック
田島光二
4768306977



3D世紀 -驚異! 立体映画の100年と映像新世紀-
大口 孝之 谷島 正之 灰原 光晴 古賀 太朗 ¥ 3,990
4862461506



『コンピュータ・グラフィックスの歴史 3DCGというイマジネーション』[書籍]
大口孝之著
CG業界の世界史。海外へ出る前に、この1冊。
4845909308



VESビジュアルエフェクトハンドブック 下巻 -全世界のVisual Effects SocietyメンバーによるVFX制作標準-
Jeffrey A. Okun(ジェフリー・A・オークン) Susan Zwerman(スーザン・ズワーマン) 秋山 貴彦
4862461654



レンダリング中に楽しく育毛。君の髪にもプラグイン。サクセス薬用育毛トニック エクストラクール 無香料/180g 【HTRC2.1】
B005IESY8I



これで君も「浜辺のジョニー」 アナグリフ 3Dグラス 3D VISION
B007A9V91S



~カラーコレクションの極意がこの1冊に ~
『Color Correction Handbook: Professional Techniques for Video and Cinema』[書籍]
Alexis Van Hurkman
0321713117



Advanced RenderMan 日本語版― レンダーマンの基礎知識、シェーダー構築を勉強する為の必読書
Larry Gritz Anthony A.Apodaca
4939007340



ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか[書籍]
エド キャットマル(著), 小西 未来(翻訳)
4270005106



Matte Painting 2: Digital Artists Masterclass[書籍]
ILM上杉裕世氏など第1線アーティストの作品が満載。マットペインターを目指す人は必見!
1921002417



Copyright © [ 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]